これからの教育

みなさんこんばんは〜

現在教育業界は2020年の改革に向けて色々と動き始めていますね。例えば、英語教育の早期化(小学校3年生から必修化)やプログラミング教育の開始など。これについて色々書いてみたいなと思いますのでどうかお付き合いいただければ。まずは、英語教育について見ていきましょう。

そもそもなぜ来年小学校での英語が必修になるのでしょう?

予め断っておきますと、私は英語について否定的な目線を持っている訳ではありません。英語自体は大好きで、中高共に唯一成績が良かった科目でもありますので。

しかし、私が疑問に思うのは、英語教育の早期化が良いことだとは思えないのです。

それでは、なぜ文科省は英語教育の早期化を行うのか簡単に説明します。

それは、インターネットが普及し、世界中の人と交流したり世界中の情報にアクセスできるようになったことで、早期からそういったことを可能にするために英語教育の早期化を進めようとしているのです。

確かに、世界中の情報に触れたり、様々な人と交流する上で英語学習をすることはとても重要なことだとは思います。しかしながら、まだ、母国語である日本語がそこまで発達していない段階で外国語、とりわけ、語順や単語が全く異なる言語を学習させるのはとても無理があるように思えてならない。

言語を学習し、話せるようになるためにはその言語の持つ規則すなわち文法や語法を完璧ではないにしても、理解して、知っていなければなりません。しかし、母国語が不十分な状態で仕組みが全く異なる外国語を学習しても、混同してしまっておかしな母国語もしくは外国語になってしまう恐れがある。

それに、現行の英語教育でも十分に世界と渡り合えてるのではないかと思う。確かに、一部の人は勉強を全くしない人がいる、私が中学校だか小学校の頃、同じクラスの女子に「私は日本にずっといるから英語なんかいらないわ!」と言って頑なに勉強をしない人がいたのを思い出した。あの当時は確かにまだそこまで外国人が多かったわけではなかったし、英語もそこまで必要とされなかった。だが、現状はどうだろう。そこらじゅで英語を使う機会、可能性は大いにある。だから勉強はするべきだ。母国語をしっかりした上で、だが。

そもそも、母国語の教育が疎かにされないかが少し心配な気がする。というのも、先ほど、peingという匿名で質問を募集するサイトなのだが、届く質問の日本語のおかしさがあまりにもひどい。詳しくは流石に言わないが、使う必要もない受動態を用いたせいで質問の意図を理解するのにひどく時間がかかった。ここで、母国語教育の差が出てしまうのかなと少し悲しく思ってしまった。日本語はよく、適当な言語と言われる。しかしある意味では、日本人の国民性が適当なのかもしれない。

プログラミング教育について

2020年からは小学校においてプログラミング教育が必修となります。ここで気をつけなければいけないのは、必ずしもプログラマーを育成するための授業にはならないということ。あくまで、プログラミングにおける思考を学ぶのであって、コードを完璧に覚えて成績評価することではないということを文部科学省の稲葉淳氏は述べている。https://dot.asahi.com/dot/2017121300044.html?page=1

つまるところ、来年から開始されるプログラミング教育はオブジェクト指向のようなプログラミングに必要な論理的思考力を鍛えるための授業を行うということ。

これは大いに歓迎されるべきことだ。というのも、プログラマーにならないとしても、論理的思考というのは極めて重要だからだ。プログラミングにおける論理的思考とは、何かしらのコードを書いて正常に動かなかった時になぜ動かないのかを考え、どこで詰まっているのかをチェックし、それを改善するための方策を考えるなどなどのこと。これは、何もプログラミングでなくても大いに役立つ技術だと思う。例えば、何かを成し遂げようと練習している者であれば、途中で何か問題が発生したり、壁に当たったりするかもしれない。その際にどこが問題で、どのようにすればそれを解決できるのかを、考え実行すれば同じようなことをすることになる。

英語教育と打って変わって、ポジティヴな考えを持つのは、やはり、問題解決能力を養成するべきだと考えるからだ。これは何も、英語でなくて良いし、生活において欠かせないことだ。

だが、コードを覚えて、書くとなると事は変わってきてしまう。というのも、プログラミングの学習は覚える事だらけだから。Googleを使う事もそうだけれども、やはり基礎的な部分は覚えなければならないし。コンピューターは扱えるようにならなければならないし、知識もなければならない。しかし、つまらない授業をしてしまうと苦痛になってプログラミングが嫌になってしまうのではないかと懸念している。

こう言ってしまうと非常に申し訳ない気もするのだが、小学校の勉強は半ば強制的であるがゆえにつまらないものになっている気がする。それでプログラミング をやらされても頭に入らない気がする。

そうだ、これは受動的な学習なのだ。

もしも、やるならば、アクティブラーニングで積極的に考えさせるようにした方が楽しくなってプログラミング 教育も良い方向へ行くだろうと思う。

とても長くなってしまいましたが、以上が英語教育の早期化とプログラミング教育について思う事でした。

おすすめの記事
機械式腕時計ってご存知?
時計
みなさまこんばんは みなさんは機械式腕時計ってご存知でしょうか? おそらく、知ってる人と知らない人で反応はだいぶ違うでしょうね笑 それもその...